人間関係の意義・職場環境への適応 続き

人間関係の意義・職場環境への適応


職場環境への適応

【集団】
複数の人々の間に相互関係が成立、
対立関係が結び合っているもので、すなわち人間関係の組織

【集団規則】
人間関係が集団として組織を持ってくると、その関係組織が、その成員である個人の行動まで規定する力

集団ができると、そこに自然に役割や地位の分化が起こったり、リーダーが誕生し、集団の規範(ルール)が生まれ、これに基づいて統制が行われたりするようになる。集団の人間関係は、それ自体の集団力学の法則にしたがって発展しあい、あるいは変容を続けることになる。


==========================
           集団規制
集団A →   役割・地位の分化・リーダー誕生  → 集団B
  発展・変容     集団規範・統制     発展・変容
==========================

集団に関する分析は、社会心理学や産業心理学の分野で大きな成果があげられてきている。レヴィンのグループダイナミックス(集団内での個人、あるいは小集団の力動的な関係を分析した理論)が最も有名で、この分野の研究は欧米諸国のものが日本にも数多く入ってきている。
 
人々が互いに固く結びつき、仕事を集団として、受け入れを協力して、これを遂行しようとする雰囲気の強い職場を士気(モラール)の高い職場ということができる。




◎上級秘書に欠かせない条件
 流動する職場状況に正しく、
 迅速に対応できる能力を持つこと。
 人への適応、仕事への適応、環境への適応など
 そのための細かい気配りが必要。 

人間関係の意義・職場環境への適応

人間関係の意義・職場関係への適応



人間関係の意義

 動機を換気すること(動機づけ・モチベーション)で、いろいろな行動を起こすことができる。このモチベーションの誘因するものの中で、基本的なものに欲求がある

 マズローによれば、欲求には五つの段階があり、人間の発達と成熟過程に応じて、高次なものに移行されているといわれている。


マズローの五つの欲求とは
@基本的・生理的欲求  A安全の欲求
B社会的欲求      C自我の欲求
D自己表現の欲求

◎職場にあてはめると、特にBCDが重要

―職場という集団の中での人間関係とは、その職場に働く人々が経営目標を達成する際の、個々人の欲求と、その充足に関係する諸問題を指している―



========================

マズローの欲求段階説    マクレガーのX理論・Y理論

            
自己表現の欲求     
(自己完成の欲求)   
            
自我の欲求             Y理論
(尊敬と自尊心の欲求)     精神的欲求充足
                    (自立的欲求)
社会的欲求       
(帰属と愛情の欲求)  
  -------------------------------------------------
             
安全の欲求             X理論
                   経済的物質的欲求充足
生理的欲求       
========================



職場には経営者対労働者、上司対部下、同僚間という対人関係が存在する。
 対人関係→集団における成員相互の関係
 人間関係→集団的現象として取り扱われる場合が多い

「人間関係管理」→経営において職場内の摩擦や対立を避け、
         従業員集団によいチームワークを作り上げ、
         成員間の自発的協力を確保し
         個々人を職務に向かって動機づけ、
         その職務満足を達成させるための管理作用
         および、管理手段を指す言葉として
         用いられている。

 コミュニケーション
  人間関係を成立させる最も基礎的なものである。
  人間の社会的交渉の形態。
  人と人とが相互に意思を伝達し、交換しあうという
  日常的な行為。





職場集団の対人関係
 =========================
 経営者  ← コミュニケーション → 社員
 上司   ← コミュニケーション → 部下

        チームワーク

 同僚   ← コミュニケーション → 同僚
 =========================

会話のルール(人間関係を作るきっかけ)

これで話し方・聞き方のサイトは終了です
はぁ〜
テーブルで少し難儀しましたが、3日で完成です^^
皆様のお役に立てれば何よりです

訪れて下さった皆様
ありがとうございました

またどこかでお会いできる日を楽しみにしております^^
ビジネス系のサイトはこれからも作る予定です

tolkこと田中奈津実




会話のルール(人間関係を作るきっかけ)


人間関係を作るきっかけ

@会ったら微笑みかける

Aあいさつは積極的に自分から
 名指しであいさつした方がよい

B返事は相手を見て明るく受け止める
会話のルール
会話とは、一人でしゃべることではなく相手と交わすもの
会話をスムーズな
ものにするために
注意すること
・話題を豊富にする---返せるだけの適切な話

・共通の話題---どんな話をしたらよいか

・嫌がる話、対立しやすい話題は避ける
 ---不平、不満、悪口、また政治、思想、宗教に関するもの
会話のルールを
守る
・話を独り占めしない

・あげあしをとらない

・話の腰を折らない

・空白を埋める努力をする

・親しみを込めて積極的に聞く(よい聞き手になる)
 また、相づちを打って聞くことも必要(会話の潤滑油になる)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。